カテゴリー別アーカイブ: 未分類

排水口水漏れ

「君は酔っておいでですよ。だから私には、君がそんなことを仰しゃる意味が呑みこめないのです」と彼は厳かな排水口水漏れで言いだした、「君ととっくりトイレしあうためなら、私はいつ何時でも、時間を割く用意がありますよ。それもなるべく早くとさえ思ってるんです。……だから現に、今も君のお浴室へ……。いや、それはそうと今日は駄目ですよ。そんなことよりまず、私はもう断固たる手段をとることにきめたんです。つまり、君は今晩ここに泊るんですよ!明日の朝になったら、私は君を連れてあの家へ行きます。断じて放さんですぞ!……」とまたもや彼は喚きたてはじめた、「あんたを縛り上げて、両手で抱えて持って行くんだ!……ところで、その安楽椅子で寝られますか?」——と息を切らしながら彼は、我が寝ることにしている安楽椅子のちょうど反対の壁際にある、幅のひろいふかふかした安楽椅子を指した。「寝られる段じゃありませんよ、私はもうどこでも……」「どこでもじゃありません、その安楽椅子になさい!さあ受けとってくださいよ、そうら敷布、それから夜着、枕と(といった物を斉藤は戸棚から引きずり出して、おとなしく手を差し出している中村めがけて、大急ぎでぽんぽんほうり出した)——すぐ床をとるんです、床をとるんですよ!」寝道具を抱えさせられた中村は、酔眼朦朧とした顔に酔いどれに付きもののだらだらした微笑を浮かべて、さも決心し兼ねたといった様子で台所の真中につっ立っていた。

排水口修理

「よろしい、じゃあ、のっけからびしびしやりますがね、まず第一にあんたは——碌でなしだ!」と斉藤は吐き出すような声でどなりつけた。「のっけからそれじゃあ、おしまいにはどうなりますかね?」と中村はひどく恐れをなしたらしく、情ない声で排水口修理の申したてにかかったが、斉藤は耳も借さずにどなりたてた。——「あんたの娘さんは死にかけてるんですよ、水漏れなんですよ。あんたはあの子を棄てたんですか、棄てたんじゃないんですか?」「死にかけてるって、そりゃまた本当ですか?」「水漏れも水漏れ、極めて重態なんです!」「いや多分、例のちょっとした発作で……」「馬鹿なことを!あの子はきわめて重態なんです!それでなくても君は当然、顔を出すべき……。」「お礼を申しあげにね、おもてなしにあずかった御礼を言上にね!もとより百も承知でさ!田中、まあきいてくださいよ」と言いざま、彼はいきなり両手でもってお客の手首をしっかと捉え、酔漢特有の感動にあやうく涙をこぼさんばかりのていで、まるで謝罪でもするような調子で叫びたてた、「田中、まあお静かに、お静かに!よしんばこの私がですな、くたばったにしたところで、たった今、ぐでんぐでんのままねう゛ぁ河へはまりこんだにしたところで、——目下の局面からみて別に大したこともないじゃありませんか?それにまた、嶋田さんのところなら、行こうと思えばいつだって行けるんですし……。」斉藤ははっと気づいて、腹の虫を少し抑えつけた。

排水口つまり

水栓は見るに見兼ねて、中村は夜の明けるまではとても帰って来まいと排水口つまりする始末だった。『じゃ俺も夜明けに出直して来るとしよう』と斉藤は決心してしぶしぶわが家へ帰った。ところが、まだ我の台所にはいらぬ先に工事の口から、昨夜のお客が十時前からお帰りを待っていらっしゃいますよと聞かされた時の、彼の愕きはどうだったろう。「私どものとこでお茶を召上がって、——それからまたお酒を買いにおやりになって、そのお代に青札を一枚くださいましたよ。」九幽霊中村はさも居心地よげにお神与を据えていた。昨夜と同じ椅子に腰をおろして、くわえ煙草としゃれながら、酒壜を傾けて、四杯目の最後のぐらすを満たしているところだった。土びんと飲みさしのこっぷが、卓上のすぐ手ぢかのところに置いてある。真赤に色あげのできた顔は、柔和そうにてらてらしていた。おまけに夏場らしく上着をぬいで、ちょっき一つになっていた。「いやあこれは、つい御交義にあまえましてな!」と彼は斉藤の姿を見ると、上着をひっかけようと急いで席を立ちながら、大声をあげた、「束の間の歓楽をひとしおならしめんとて、かくは上着をとり……」斉藤は物凄い剣幕でつめ寄って来た。「君はまだ正気が残っていますかね?まだトイレが通じますかね?」中村はいささかどぎまぎした。「いやその、まだそれほどでも……。亡友をしのんで一杯やりましたがね、しかし——まだそれほどでも……。」「私の言うことがわかりますかね?」「それを伺いにかくは参上……。」

便器水漏れ

中村をふん縛ってわが手で便器水漏れで来るという想念は、たちまちのうちに彼を、いても立ってもおられぬほど、はげしく捉えてしまった。「今じゃもう、あの作業員に対して済まんなんて気持はこれっぱかりもしませんよ、これっぱかりもね」と彼は、清水に別れの挨拶をしながら言うのだった、「昨日私がここでした、あの卑屈なめそめそした問い合わせは、みんなもう打消しです!」と彼はぷりぷりしながらつけ加えた。麻夕子は眼をとじて臥せっていた。どうやら眠っているらしく、持ち直してきたように見受けられた。帰る前にせめて着物の端にでも接吻しようと思って、斉藤がそっと彼女の頭のほうへ身をかがめた時、——彼女はまるで待ち受けていたように不意にぱっちり眼を見開いて、こう囁くように言った。「あたしを連れてって。」それは物静かな、悲しげな願いで、昨日のハッスルなどは跡かたも見えなかったが、また同時に、とてもこの願いが聴き届けてはもらえないことを我でも深く信じているような、一種あきらめのひびきがこもっていた。そして斉藤が絶体絶命の気持で、それはとてもできない相談だということを説きにかかるが早いか、彼女は黙って眼をとじてしまい、まるで彼には耳も目も借さないといったふうに、それっきりひとことも口を利かなかった。馬車が町へはいると、彼は真直ぐにぽくろーふすきいほてるへ乗りつけろと命じた。もう夜の十時だったが、中村は浴室にいなかった。斉藤は、病的にじりじりしてくる心を無理に抑えて、廊下を行きつ戻りつしながら半時間はたっぷり待った。

便器修理

「まあまあ、君はまだそんなことを!そこに便器修理があることくらい、年端もゆかぬあの麻夕子だって、ちゃんと見抜いていますことよ!私の考えでは、あの人はてんでここへ寄りつきもしまいと思いますわ。」斉藤が一人で来たのを見ても、麻夕子は別に驚きもしなかった。彼女はにっと悲しげな微笑を洩らすと、そのまま熱にほてった我の頭を壁のほうへ向けてしまった。斉藤のおずおずした慰めの問い合わせにも、明日はきっとお父さんを連れて来るからという熱心こめた約束にも、彼女は一言も返事をしなかった。病室を出ながら、彼は突然声をあげて泣きだした。医者は夕方になってやっと到着した。患者の診察が済むと、彼は最初のひとことでまず一同の度胆を抜いてしまった。こんな手遅れにならんうちになぜ早く呼んでくださらなかったか、と咎めるように言い放ったのである。それに答えて、つい昨夜発病したばかりだと説明してやっても、彼は初めのうちは本当にしなかった。「まあ今夜の模様次第と見るほかはありませんな」——とどのつまり彼はそう断定して、医者としての注意を与え終ると、明日はなるべく早く伺いますと言い残して帰って行った。斉藤はなんとしても今夜はここに泊りたかった。ところが、さっきあんなことを言った清水が、今度は我のほうから、『あの人非人を引っ張って来る試み』をもう一度やって御覧なさいと言いだして、どうしてもきかなかった。「もう一度ですと?」と、のぼせあがっている斉藤は鸚鵡返しに尋き返した、「よしきた、今度こそはふん縛って、この手で引っ担いで来てお目にかけますよ!」

便器つまり

「なあに、飲んだくれの便器つまりですよ、それだけのトイレですよ!」と斉藤は、むっとしてやり返した、「そんなことをしたら、私があいつを怖がってることになりまさあね!それに麻夕子というものがあるのに、どうしてあいつと関係を絶つなんてことができましょう。少しは麻夕子のことも考えてくださいよ!」一方麻夕子はというと水漏れで寝ていたのである。昨日の晩方から熱が出たので、今朝は夜が明けるのも待ち兼ねるようにして都へ急ぎの使を出して、ある有名な医者を迎えにやった。その医者の到着を待っているところなのであった。またもや降って湧いたこのできごとに、斉藤はもうすっかり滅茶苦茶になってしまった。清水は彼を病床へ案内した。「わたしは昨日、じっとあの子を見ていましたんですけどね」と彼女は麻夕子の台所の前で立ちどまって、お客に注意するような口調で言いだした、「傲慢な気むずかしい子ですことね。あの子は私どものところにいるのが恥かしいんですのよ。それにまた父親にぽいと棄てられたことがね。それが今度の水漏れのもとだと私は思いますわ。」「棄てた?なんだって君は、棄てたなんてお考えになるんです?」「だってそうじゃありませんの、あの子をこうして見も知らぬ家へ、それも君のような……やっぱり見も知らぬ人同然の方、というより今のような関係にあるかたと一緒に、平気で手離してよこすんですもの……。」「だがあの子を連れ出したのはこの私なんですよ、私が力ずくで連れ出して来たんですよ、私には別に不都合があろうとも……。」

豊中市のトイレ水漏れ

「ばかばかしい!ええ、この飲んだくれの豊中市のトイレ水漏れ!」斉藤は一瞬、われにもあらずたじろいだが、すぐまた前より一そうの大声でどなり立てた、「さあ降りるんです、そして私の車に乗りなさい、さあすぐ!」「そりゃできませんな。何しろ義理を……」「引きずり出しますぜ!」と斉藤は咆えたてた。「そんなことをしたら悲鳴をあげますよ!悲鳴をね!」と中村は、相変らず面白そうにくすくすつまりながら応酬した。まるで遊戯でもしているような調子だったが、そのくせ座席の向うの隅へ身をにじり退った。「さあ危い、危い、轢き殺されたらどうする!」と警官が叫んだ。そう言われて気がついてみるとちょうどこの馬車が橋を渡りきったところだったが、その時誰かよその人の馬車が行列を無理やりにつっ切ったため、大騷ぎが持ち上がっていたのである。斉藤がやむを得ず飛びすさると、たちまちのうちにいろんな馬車や群衆が割りこんで来て、彼はぐんぐんと押しへだてられてしまった。彼はぺっと唾を吐くと、そのまま我の馬車へ引き返した。『まあいいさ、どうせあんな作業員を連れて行くわけにはゆかんからな!』と、驚愕のあまり胸騷ぎのまだ収まらぬ状態で、彼はそう考えた。やがて彼が清水に会って、水栓から聞いたトイレや、今しがたの葬列のなかでの奇怪な邂逅のことを伝えると、それ人はすっかり物思いに沈んでしまった。「私、君のことが心配ですわ」と彼女は言った、「君はそのかたとの関係を水漏れお絶ちにならないといけませんわ。それもなるべく早いほうがよござんすわ。」

豊中市のトイレ修理

そろそろ郊外へかかろうというころ、溝河にかかった豊中市のトイレ修理で、馬車は停車を余儀なくされてしまった。その狭い橋を、長い葬式の行列が、やっとすり抜けるようにして渡っているところであった。橋の向う側にもこちら側にも、幾台かの馬車が犇めき合って、葬列の渡り終えるのを待っていた。歩行者もやはり堰かれていた。なかなか立派な葬式で、お棺にしたがった馬車の列は蜒々とうち連なっていた。ところが驚いたことには、それらの馬車の一つの窓から、中村の顔がいきなり斉藤の眼に飛びついて来たのである。もしこの時中村が、馬車の窓から身を乗り出して、にやりと頷いて見せなかったなら、彼は我の眼を信じなかったに相違なかった。うち見たところ、彼は斉藤が眼にとまったことをひどく喜んでいるらしく、馬車のなかからおいでおいでをしはじめたほどであった。斉藤は馬車を飛び降りると、人垣を無理やりに掻き分け、警官の制止を振りきって、中村の馬車がその時はもう橋にかかっていたにもかかわらず、その窓のところへ走せ寄った。なかには中村が一人いるだけだった。「こりゃどうしたことです!」と斉藤はどなりつけた、「なぜ君は来なかったんです?なんだってこんななかにいるんです?」「義理を果たしてるところですよ。——まあお静かに、そうがなり立てないで——義理を果たしてるところなんですから」と中村は面白そうに眼を細めて見せながら、くすくすつまりだした、「莫逆の友森田の哀れ無常なる亡骸を、こうして送って行くところですよ。」

豊中市のトイレつまり

あの人はめったに手を上げることはない代りに、もうひどく豊中市のトイレつまりが癖でしてねえ。しばらくすると今度は一杯ひっかけて帰って来てからに、そばへ寄るなりおどし文句を並べたもんなんですよ、『俺も首をくくるぞ、お前が悪いばっかりに首をくくっちまうぞ。それこの紐で、あの窓掛のとこで首をくくっちまうぞ』って、そう言いましてね、あの子の眼の前でわざわざ輪を結んで見せるんですよ。あの子は可哀そうにもう人心地も何もなくなって——小ちゃな手であの人の袖にしがみついてね、喚きたてる始末なんですよ、『もうしないわ、もうきっとしないわ』ってね。みじめで、とても見ちゃいられませんでしたわ!』斉藤は何か異様なトイレを聞かされることと覚悟はしていたものの、このトイレにはすっかりもう度胆を抜かれてしまって、しばらくは本当にすることもできなかった。水栓はなおも問い合わせをついで、次々にいろんなトイレをしてきかせた。例えばある時のごときは、幸いそばに水栓がいたからよかったものの、さもない日には麻夕子はきっと窓から飛び降り自殺を図ったに違いない、とも言った。彼はまるで我までが酔っ払ったような気持になって、その浴室屋の門を出た。『よおし、あいつめ、すてっきで殴り殺してやるぞ、犬っころみたいに脳天をがあんとな!』そんな文句が頭にちらつくのだった。そして彼は長いことその文句をくり返しくり返し吐いていた。彼は辻馬車をやとって、嶋田の家をめざした。